今度はアゴ

まぁとにかくあちこちをぶつけます。

目が悪いとか遠近感が関係しているのかはわかりません。

とにかく、行動する前に、こうしたら危なくないな、とか

人の動きを見て同じようにやってみる、ということができないみたい。

 

今までにも、友達がダッシュしたから自分もダッシュしたら障害物があった、とか

水たまりがあった、とか、土手を走ってたら道がなくて墜落した、とか(え?w)

そういうことは多々です。

今回は、キッチンのカウンター(高さが娘の首のあたり)越しに覗き込んできて、

「今日のご飯、何?」というので

ハンバーグと答えると、ヤッターと言ってジャンプ。

そしてカウンターでアゴを強打・・・。

うわっっと思ったけど、娘は「痛い。」と発言できない子で

アゴをさすって、紛らわせて泣くのを我慢していました。

 

もうかわいそうやら情けないやら、複雑な心境です。

おそらく小さい頃に、オッチョコチョイの娘が何かしでかした時に、

なんでそういうことするの!と私が怒っていたから、

我慢する子になってしまった原因でもあると思います。

私が悪いことはわかっているんだけども、どうしてそれがわからないか、ってことも先立って

ついつい怒ってしまう・・・。

でも実は、私もこういうタイプですのですごくわかるんです。

助けてー、とか、痛いー、とか言えない。

恥ずかしいというか、なんというか・・・。

遺伝もあるのかなぁ。

 

とにかく今回のアゴの強打は、すごく痛いわけでもなかったらしく

折れてはない様子ですけど、

何か大きな事故にあった時は「助けて。」と言えるようにしないと困りますね。

こういう人が限界まで働いて、爆発したり鬱になったりするんだと思います。

気をつけないといけない。私も。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

年賀状に書くべきこと

次の記事

再就職