いじめ母子心中(小2女子)

この記事を見て、私は泣いてしまいました。

 

実は私の娘ちゃんも小2の頃に、ひとりの女の子からターゲットにされ、

辛い日々を過ごしたことがあるからです。

 

私の場合、小2から?まさか?? というのが最初の感情でした。

私が気がついたのは小2の11月後半。

いやそれ以前にもなんとなくは感じてましたが、

深くは考えていませんでした。

その11月後半から、学校ではマラソン大会前の準備として

数日間、休み時間に校庭を走るんだそうです。

そこで娘と一緒にいた同じクラスの3人、計4人で走っていたんですが、

娘ともうひとりのNちゃんが遅く、3番目と4番目になった時、

そのイジワルAちゃんが、

「ふたり、遅かったから罰ゲーム。もう一周走って来て。」

と言ったらしい。

娘ちゃんはバカ正直に、Nちゃんと一周走ったらしいんですけど、

娘は嫌がらせされたと気づかずに、帰宅してから私に言ったのです。

「Aちゃんに言われて余分に一周走ったから疲れた~~~。」

・・・どういうこと?? 

不審に思った私は早速担任の先生へ、コメントを書きました。

担任の先生はとても親身になってくれて、すぐ注意してくれて、

その後、そういうことはなかったそうですが、

娘によるとイジワルAちゃんは、

「誰が先生に言ったの!!」

と問い詰められたそうです。するとNちゃんが

「私、違う!!」

と言い・・・、娘ちゃんが言ったのがバレて・・・。

しばらくはシカトされていたんだそうです。 娘よ・・・( ノД`)

 

早く2年生終われ~~~~と私は思っていて、

3年生になった時にクラスが離れたのでラッキーでした。

でも学童は同じで・・・。

学童では相変わらず目の敵というか、怒らない娘に対し

嫌がらせ行為が続いていました。

 

ある時、いつも学童で宿題をしてくる約束のはずがやっていなくて

家で宿題をしていました。 なんでやってこなかったのか尋ねると、

イジワルAちゃんに、

「宿題するんだったら仲間に入れてあげない。」と言われたから

できなかった、というのです。

頭にきた私は、娘ちゃんに、

「宿題を学童でしてこないならもう学童行かなくていい。

家でひとりで留守番しなさい。それが嫌だったらきちんとAちゃんに

お母さんと約束してるから宿題する、って言いなさい。」と言いました。

今思えば、私って鬼・・・と思うのですが、

怖がりでひとりで家に居られない娘は、Aちゃんに言ったそうです。

そして学童の先生にも状況を伝え、一緒に居ないようにしてもらいました。

 

そして3年生の参観日に行った時、授業が終わって私もまだ教室内に居ると

Aちゃんが廊下から教室を覗き込み、娘を見に来ているのです。

ドキッとしました。

娘に聞くと、よく娘の教室に来るそうです。 怖い・・・。

娘ちゃんは性格的に穏やかで、人の言いなりになりやすいタイプ。

なのでイジメられやすいし他人からすれば命令しやすいんだと思います。

だからAちゃんのターゲットになったのかもしれません。

 

そしてAちゃんは3年生の時、同じクラスの女の子とトラブルを起こし

運動会に出席しませんでした。親も絡んでモメたんだそうです。

私は何か恐怖を感じました。

 

ママ友さんに、そういう子がいることを話すと、

「ちょっとそれマズくない?クラス離してもらったら?」

と言われました。私はそんな術があるとは思わず、

もし可能なら・・・という気持ちで3年の最後の面談で話してみました。

当時の担任の先生は首を傾げて、無理だとは思いますけど・・・と言いましたが

有難いことに4年生もクラスは別でした。

それでも4年生の参観日に行くと、Aちゃんが娘の教室に来ているのです。

ちょっと・・・・。

廊下から見ていると、娘は気づいてなくて、廊下にいる私を探していると

目の前にAちゃんがいて、「わっ!!」というような表情をしてから

その後ろに居た私を見つけ、びっくりしたぁ~という顔をして

こちらを見ていました。

 

5年生になっても離してくれるよう頼んでいたのでクラスは別でした。

でもまだチラチラと現れるようです。

娘自身も、「クラス違って、たまに会うくらいだったらいいけど、

同じクラスになるのはちょっとな~~。」と言っています。

もちろん来年もクラスを離してくれるよう早々と連絡してあります。

先生、無理言ってごめんなさい・・・。

でもおかげで楽しく毎日学校に行けています。感謝しています。

 

 

ニュースにもどりますが、学校がどんな対応をしたのか、してなかったのかは

はっきりわかりませんが、

お母さんは娘のそんな姿を見て辛かっただろうな、と思います。

私もそうだった。辛かった。

嫌だったら学校に行かなくてもいい、休みなよ。とも声掛けしてました。

でもウチの娘ちゃんは行くと言いました。

娘の様子に気をつけながら毎日過ごしました。

本当に辛かったのはその11月から3月までですが、

心中してしまった母子は何か月も悩んでいたのかもしれません。

ウチの学校にも、来れない子がいて、特別学級のようなクラスへ行ったり、

別の学校のクラスで勉強したり、いろんな対策してくれています。

そういう対策はしてくれなかったのかな。

事件が起きてしまう前に、対策してほしかった。

ほんとに辛い事件です。

こういうのはなくなってほしい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

シミ・肝斑治療の続き③