最近またよく転ぶ…

以前からよく転ぶ娘ちゃん。

もう小学5年生ですが、まだ転びます。

もう笑いごとだったのは遥か昔の話で、

ちょっと異常な感じです。

 

遠視性弱視という診断を受けたのは1歳6ヶ月の時。

生活面も頭?も良くなってきたのは事実。

今でも目からの情報って、すごいと感じてますが、

乱視も強いため、生活面ではやはり支障が出る面も多々あります。

遠近感も相変わらずありませんしね・・・。

 

私も同じ遠視性弱視だったんですが、治療を放棄しまして、

メガネなしで大人になりました。

でも20代で仕事に支障が出たためメガネをかけ始めたんですが

今までかけずに生活していた私は、身近なことには見えやすさに感動!

仕事はしやすくなったんですが…

当時の職場は、階段で1階から3階まで行き来することが多く、

その階段がまともに降りられなく・・・何度も落ちそうになりました。

この遠視メガネは、よく見えるけど、行動面は大変でした。

で結局コンタクトにしたんですよね。

 

過去にも一度、高校生の時にコンタクトにもチャレンジはしていたんです。

高校生の時にコンタクトにチャレンジした時は、遠視のコンタクトレンズが分厚くて、

肝油ドロップ?とまではいきませんが、今でいうハードグミのような、

とにかく姉のペロペロンの薄いソフトレンズとは別物でした。

装着してみたら違和感ありすぎて目をこすりまくり、目が見えなくなりました・・。

目が痛くて痛くたまらないけど、麻酔の目薬をもらっていたのでそれを差し、

何度も練習しましたが、無理でした。そしてコンタクトを諦めました。

 

それからコンタクトもメガネもかけずに仕事してたけど、やっぱり無理・・・。

ということで20代で再度コンタクトに再チャレンジ。

時代は10年で進化! 遠視のコンタクトが薄い!!

装着感も快適で、あの時の車の運転で、道路標識が見えすぎて感動したのを忘れません!w

 

娘ちゃんはまだ5年生で、コンタクトにするなら最低でも

自分でコンタクトを管理できるようになる頃から・・・と眼科医からは説明を受けていて、

娘ちゃんは円錐角膜もあるので、もしするとなったらハードコンタクトになるそうです。

まだ管理できないと思うので・・・まだまだメガネ使用ということなのです。

メガネかけてると視界も狭くなるし、足元も見にくくなりますよね・・・。

もうちょっと落ち着いて行動してほしいと思うけど、

小学生に外で遊ぶな!とも言えないし、骨折しなければヨシとでも思っておかないと

セーブするわけにもいきませんしねぇ。

 

もともと運動神経も悪いし、体幹も鍛えていないし、姿勢も悪いしね。

中学生になったらどうなるのかな?

運動部には入らないだろうし、友達と鬼ごっこもしないだろうから

転倒することは減るのかな??

ま、とにかく大ケガはしないように祈る!w

 

もれなくZ会の学習内容がわかる「教材見本」無料プレゼント中! 娘もやってます。Z会の教材!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

HSPというのを知った

次の記事

こどもの発熱について