受動喫煙防止法 外食産業の取り組み

たばこをガンガン吸ってた20歳代。

30歳で喘息症状が出てきて禁煙、現在に至る私。

一度吸ってたら、たばこのニオイにとても敏感で

すぐ胸が息苦しくなり咳が出る私にとっては

生活する上で、一番排除したいモノです。

 

 

でも吸ってた当時はまったくそんなこと知らず。

友達も迷惑がってたかもな・・・。

 

今となっては有難い法律なんですが、

これまた反論が出るのは当たり前。

愛煙家なんてかっこいい呼び名つけても、

害を与えてることに気づかないといけません。

自分が良くても他人が迷惑してるんですから。

だから、早く煙が出ない、におわないタバコを

愛煙家に提供してあげよう。

あれ?

タバコ吸ってる暇があれば仕事に集中しなさ~~い!

まぁ事務職は吸いながらでも仕事できる。

でも、他人相手の仕事の人が、

「ちょっとタバコ行ってきます。」なんつって、

喫煙所に行く姿。私が社長なら、その分給料払いたくありません。

「タバコ吸わな、仕事やってられません。」

そんなの、通りません。吸わない人は頑張ってます。

 

私の周りのタバコ吸ってる人、

ロクな他人いませんねw

 

ある人がインフルエンザだったので、マスク渡したら

「マスクしたら苦しいのでいりません。」と言い、

ゴホゴホ咳してるの見て唖然としたことがあります。

 

自分のことだけ考えるのやめようよ。

最低限のマナーですよぅ。

喘息親子はこの法律に感謝しています。

JTさん、ごめんなさい・・・。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

ときめき図書館