看護職員より介護福祉士の給料が高くなる?という記事を見た。

事実、私が働いていた施設でも、そうなるのではないかと感じたことがあった。

私が働いていた当時は、介護士に処遇改善として月1万円の増額がありました。

介護士だけに、です。

私にはありませんでした。

 

なんとも腑に落ちない国の政策に、私は納得できませんでした。

確かに介護者は必要です。

でもこのやり方っておかしくないですか?

保育士の時もそう。保育士が足りないから給料上げる?

なんとも不思議です。

 

施設によって、仕事内容も給料も全く違います。

自分が満足できる場所なら働き続け、

満足できなかったら辞めていくんです。

私は不満が多かったので辞めました。

 

看護職員なんて山ほどいる。

価値もなくなっている。

夜勤するから給料がいいだけで、しなければちょっと長く務めた事務員と

そう変わらないですよ。

すぐ介護士に抜かれることでしょう。

だから給料なんてそこそこでいいから、

自分の満足度に合わせた労働でよいと思うようになりました。

 

理不尽な経営者の下で働くのはもうお断りでーす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

肉まん、進化。

次の記事

本日の晩ご飯