人魚の眠る家

本日の本。

映画でやってるのを知って、読みました。

基本的にイヤミスが好きな私が、東野圭吾さんの本を読む日が来るなんて

思ってもいませんでした。

というのも、ボケッとCM見てたので、誰が書いたか、なんて

気にしてなくて、篠原涼子さんの印象だけで・・読みました(^_^;)

 

読んだ感想というか、まず、東野圭吾さんの本がまた読みたいって思いました。

何者なのか、まったく知りませんけど、

本の良さにも感動・・・。

読みなれてないので難しい漢字もあり、辞書でひきながら、

勉強しながらって感じでしたね。

 

娘がいる私ですが、何か深いところの感情も探られてるような、

そんな気もしました。

命の不思議。家族の想い。考えさせられるなぁ。

 

ちょっと分厚いので飽きないか不安だったけど、

最後は途中で止めるのができなくなって、夜10時から夜中3時まで

読み続けてしまい、本にも自分にも、達成感のようなものがありましたw

 

注)個人的な感想です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。