子供の咳。親としては辛いです。

娘ちゃんはまた風邪をひいてしまいました(´・ω・`)

一緒に帰ってきた子が咳をしていたらしい・・・。

でもこれはなかなか防げないんですよ。集団生活しているのでね。

 

土曜の夜から咳がひどくなってきまして、鼻水もズルズル。

どうして休日前に悪化するかなぁ・・・、と思いながら、

以前に処方してもらっていた余りを予備に置いていたので

その内服薬と、予備の吸入薬でとりあえず乗り切ることにしました。

熱は微熱しか出なかった。(と思う・・・w)

とにかく食欲があったので、好きなものを食べさせて、

眠い時は昼でも夕方でも、寝させました。

すると今回は、咳がひどくならずに治りそう。よかったです。

 

やはり食事と睡眠は大事ですね。

あと、この時ばかりは勉強のことを言うの止めました・・・。

受験も近づきストレスになってきているように思います。

そして私が口うるさく言うと体調崩すような気もしてます・・・(-_-;)

私の中でも葛藤です。

勉強、全くしないんですもん。

あと数ヶ月だってのに、全くもって余裕かましてます。 ふぅ。

 

そして日経メディカルでこんな記事が載っていました。

  子どものかぜへの鎮咳薬、なぜ避けるべき?  【日経メディカルさんから出典】

喘息持ちの子供の親としては、とにかく呼吸が楽になってほしい。

体力を奪う咳を止めてほしい、と思うと思います。

でも外国で子供の使って死亡例が出たとのことで

日本でも制限されてしまいました。

このコデインですが、私も咳が止まらない時はよく処方してもらっていました。

副作用の便秘が気になりますが、咳にはすごく効きます。

でも小児には制限が・・・。

子供の咳って、ほんとに辛いですよね。どうしてあげていいかわからなくなるし。

ウチもほんとに辛かった。私の体力も奪われるし。

 

でも確かに、普通の風邪では抗生剤や抗菌剤もいらない。

ましてや解熱剤を乱用する親には恐怖を感じます。

だって熱下げたって、病気は治らないんですから。

 

小児科の先生が言ってました。

「解熱剤は、熱が高くなってぐったりしていたら使ってあげてください。

元気で動き回っているようなら使わなくてよい。

水分はしっかり摂って、飲めない場合は点滴も必要なので受診してください。」と。

熱って、上がったり下がったりすることで体力を奪うらしいです。

そして何より、熱が下がった=風邪が治った じゃないんですよね。

そこを理解していただきたい。

解熱剤飲ませて、熱が下がってるからって保育所へ預けるのは間違いです。

まぁ仕事休めないからと、そういうことをする人もいるかもしれませんが、

そこは私の知るところではなくて・・・(;^_^A

元気でも脱水傾向の場合、飲食できていない場合は病院へダッシュです。

 

娘にコデインが処方できなくなった時、小児科の先生が言っていました。

「外国で、過剰に飲ませ過ぎたせいで死亡例が出たんだよ。

だから日本でも使えなくなっっちゃった。咳がひどい子には出したいんだけどね・・・。」

先生も困っている様子でしたが、しょうがないです。これだけは。

 

お薬はやはりお薬です。

いいこともあるけど、副作用も必ずある。

それを理解して、上手に使うことが必要です。

それでも咳はつらい。眠れないですから。

急性期には吸入するほうがいいです。

オムロンの吸入器、13000円くらいしたかな。

でもコレ、元は取った!ってくらい使ってます。

持っているという安心には代えられません。

まだ使うでしょうな。

 こっちも持ってます。旅行用。

小児科経由で買うと定価ですから高いですよ。

今の時代、ぜひネットを利用してもらいたいです(^^♪

品番の間違いがないように。

あとパルミコートなどのステロイドが吸入できないものがあるので

調べてから購入してください。

薬液は必ず小児科(医療機関)で処方してもらってくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。