認知症⑥ いよいよ精神科受診。

結局、強引ながら受診当日まで持ちこたえた。

当日の朝も、義母は我が家の前を歩いていて、

裏道に行くのを阻止した。

 

私は旦那に任せ、仕事に行く。

受診は13時予定。 ドキドキしながら仕事していた。

仕事中なのに関わらず、

『どうだった?』とメッセージしたのは14時45分。

そこから返事はない。

 

仕事終わりの17時にもメッセージ送ったが返信なし。

そのまま帰宅した。

  

  

しばらくして旦那さんが帰宅。

「入院できた。」と言うが続いて、「めっちゃ疲れた。」と。

話を聞くと、その病院は昔からある精神科で、

市内に住む大人なら誰でも知ってる病院なので

あえて病院に行くとだけ告げて、車に乗せて向かったのだが

交差点を曲がると

「なんで!!! こんなところ行かないよ!!!」

と叫びまくったらしい・・・。

到着しても車から降りず、ついには13時が迫ってきて

旦那が駐車場から病院へ電話。 

着いてるけど降りないので入れませんと。

中からたくさんの人が出てきて、説得するも無理。

地域のお世話センターの人(ケアマネ?)も呼んでいたけど

その人は警戒されているので全く無理。

到着から1時間半くらい説得していたところに病院長が出てきて・・・

診察衣を来ていたのでわかったのか、諦めて車から降りたらしい。

 

中に入っても、納得いかない様子で、

義母は文句言っていたらしい。

血圧も上がっていたので注射の指示が出たんだけど

お尻にするって看護師が言ったら、恥ずかしがって嫌がったら

医者に、「当たり前だろ。死なれたら困るからな。」と

キツイ言葉をかけられ注射を無理矢理させられてた、と。

そして入院については本人が納得いってないので

医療保護入院でよいかと医者から説明があったらしい。

私たちももう、徘徊の見張りも限界がきていたので、

一旦は入院をお願いした。

地域お世話センターの人も、ひとり暮らしだから

限界でしょうと声掛けしてくれた。

 

 

そんな感じでやっと入院に漕ぎ着けた。

義母には申し訳ないけど、こうするしかなかった。

そして3~4か月前にもお世話センターの人に来てもらった時は

義母の会話内容もおかしくないし、

介護認定は難しいって言われたんだけど、(詳細は認知症③に書いてます)

今回来てくれた人は、もっと早く介護申請しておかないからって言った。

なんかムカついたので、このことを話すと、

3~4ヶ月前に来た人は、もう辞めているとの返事。

申し訳ございませんでしたって・・・。 今さら。

 

 

とにかく大変だった。

近所の人もだいぶ怪しんでいたので、

入院してくれたことは助かったかな。

まだ介護申請ができてないので、落ち着いたら早く申請して

施設を探さないといけない。

いきなり退院となると施設代全額負担は困る・・・。

だから早く申請したかったのにな。

あのケアマネさんを恨むわ。

 

また進展があったら記録しようと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

認知症⑤ 一旦解決。

次の記事

日差しがきつくなってきた!