2歳5ヶ月頃、療育開始

 

室内には大きな積み木やロープでできたはしご、

ボールプール等、たくさん遊具がありました。

そこで全身を使って遊びながら体を慣らしていく?ような方法で

体幹を鍛えていくようなかんじ。

 

でも娘ちゃんは小さなおもちゃが大好きでなかなか動こうとしません。

作業療法士の先生が、お人形を綱ばしごの上に乗っけて、

「お~~い、○ちゃん、こっちおいでよ~~。」と声かけ行います。

すると娘ちゃんがチラッとみて・・・下まで歩いて上ろうとする・・・!

それを手伝いながら右手右足左手左足をうまく動かせて上れるようにお手伝い。

な~んて子供扱いが慣れているんでしょうか・・・。

 

これが療育ってものなのね・・・ふむふむ。

家でもできることはしないといけないなぁ。

 

しばらくすると飽きたのか、また座り込んでしまったー(汗)

子供を誘い出すってむずかし~~~。

 

で、全然関係ないことなんだけど、

このおもちゃ類って、洗って・・・ないよなぁ。

どうも病院で働いていた私は、感染源のような気がして

ずっと落ち着かなかったです。

小児科ではおもちゃを拭いてたなぁ・・・としみじみ思い出しましたとさw

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

アレルギー、3歳3ヶ月頃