加配申請。配慮のない保育所の先生

【みんなのみかたDHA】

保育所の3歳児クラスになる時、加配申請をしました。

 

小児神経科の先生が、小さいときに手助けしてあげることで

本人も楽に生活できる、ということだったからです。

診断書に記載されていた診断名は、高機能自閉症、でした。

低年齢児の場合は、症状が明確でない限り、正しい診断名はつけられません。

なので曖昧さを残して、こういう診断名になったんだと思います。

 

しかし残念なことに3歳児クラスに上がる時、

保育所所長さんが移動で代わってしまいました。

この移動してきた所長さんは、発達障害について全く知識がなかったのです。

しかも診断署を出してあった私に、

「お宅の子は大丈夫。心配ないわ。〇〇ちゃんのほうが自閉症だから、

あの子に手がかかる。」

と私に言ったのです。

〇〇ちゃんは視線が合わなかったので、私はきづいていましたが、

それを私に言う必要ある??

しかもちょうど送迎時に他の保護者や先生にも聞こえるように

廊下で話したので、なんてデリカシーのない人なんだと思いました・・・。

配慮が足りませんよね。

 

その〇〇ちゃんは、加配申請をしてなかったので

加配の先生は〇〇くんのほうにほぼ付きっきりでした。

私の娘ちゃんの加配申請はなんだったんだ・・・。

 

所長の知識のなさで、1年間とても辛い思いをしました。

口がとても軽い人だったので、情報が他にバレないか不安で仕方なかったです。

個人情報を平気で漏らす公務員の方が、腹立たしいです。

 

結局、引っ越しすることになり、4歳児になる時は別の市町村へ。

やれやれ・・・という感じだったけど、

居なくなった後で、他の保護者の方へいろいろと喋ったんだろうな・・・と思います。

そう思われても仕方のない振る舞いでしたから。

ずるい人だけが出世するこの世の中。

嫌ですねぇ。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

アレルギー、3歳3ヶ月頃